なんでもレーシック情報チャンネル

視力補助器具からレーシックで解放

民間では元々は広く知られておらず、広められたのはモデルさんや女優さん、スポーツ選手などによってのような手術なのですが、レーシック手術難民というのもがここ数年では急増していて、未来のまだある若い人にまでその悪影響は波及してます。
どんどん大学受験の際に視力が低下してしまい、「お前はサッカーもするんだし、レーシック手術のほうが眼鏡をかけるよりもいいじゃいか」と父から言われて、手術をそのまま受けたのです。
いや、「受けてしまった」のです…。
レーシック手術難民というものの存在を筆者はその頃、良く知りませんでした。
そういった事もあるのかなというなんとなくの想像は出来たのですが、自分がまさかそうなるとは思ってもいませんでしたし、おもわなかったからこそ、手術を決意できたのです…。
筆者は何だか手術したあとに視界がおかしい、という事にすぐに気づきました。
コンタクトレンズや眼鏡から解放をしてくれる手術としてレーシック手術は、知られています。
筆者もまだ、24歳という年齢なので、【レーシック手術難民に若くしてなってしまった人】の枠に入るといえると思います。

 

最初のほうは、それでも「時間が慣れるまでにかかるんだろう」と、何も高い手術費を捻出してくれた両親にも言えずにガマンをしていたのですけど、あま りに酷い乱視にある時、その場にしゃがみこんでしまい、仕事にも行けなくなってしまい、私はそれ以降、レーシック手術難民としての生活をはじめるようになったので す。
乱視、というのかわかりませんが、色々な方向にぱちぱちと光が点滅をしていて、普通に歩くことが出来なくなっていたのです。
更に、日がなドライアイに筆者は襲われるようになって、目薬が手放せなくなりました。
治療法がまだ私の眼は見つかっておらず、毎日ドライアイに襲われ続ける毎日を送っています。
中学時代から筆者はサッカー部に所属しており、毎日毎日、泥だらけになりながらサッカー選手を目指してサッカーをする日々に明け暮れていました。

 

これまで世界中でレーシック比較隊sanctuary手術が行われていますが、失敗して失明してしまうといったことは一切報告されていません。ただし極稀に合併症を引き起こしてしまうことがあります。


更新履歴